妊娠中に起こるよくある症状

妊婦さん専門の骨盤矯正院  出張マタニティー整体マッサージ専門院

HOME > 妊娠中に起こるよくある症状

妊娠中に起こるよくある症状

なぜ、妊娠中や産後に

「恥骨痛」
・「股関節痛」(足の付け根前や横部分)や
・「腰痛」
(仙骨、おしりの割れ目の上の辺りの斜め横部分)

がでてしまうのでしょうか?
専門家の立場から、一つのお答えを書かせていただきますね(^^)

私たちは、これを「妊娠中の3点セット」と呼んでいます(^^)

この大きな原因を、簡単にいうと・・・
妊娠中は、「骨盤が広がっていく」ためです。


本来は自然に骨盤は元の位置に戻るのですが、江戸時代のように一日何十キロも歩いている人はほとんどいないため、骨盤周りの筋肉が弱って自然にはなかなか戻らなくなっているというのが原因のようです。

簡単に説明すると、上の図の「恥骨結合」の部分
(骨盤の下の方)が広がった状態
「骨盤が広がった」状態です。

「骨盤が広がる」というと、骨盤全体が広がっているような認識があるのですが
そんなことはなく、実は骨盤の「下のほう」が広がるのですね。

下のほうが広がることで赤ちゃんが、出てこられるようになります。
普段は開かない骨盤が開くのは、特別なホルモン(リラキシン)が出て
筋肉・靭帯などを緩めてくれるからです。

ですので、普段は広がっていない部分なのですが、「妊娠中や産後」は骨盤が広がっているために骨盤にくっついている筋肉や靭帯が余計に引っ張られたりすることで痛みが出てきます。

ですので、
「この痛みは産むまで、我慢しないといけないのかな?」
と思われている方も多いのですが・・・
まずは安心なさってくださいね。

大抵の場合、骨盤矯正で締めてあげて、ベルト等で正しい位置・強さで固定してあげればある程度は痛みが治まってきます。

腰痛(おしり割れ目の斜め横部分など)のため、痛くて立てない、トイレに行くのに何時間もかかるといった場合でも、ご自身で立ってトイレに行くことができるようにほとんどの場合がなります。

骨盤が広がっているときは立ったときに「ぐらつき感」がでてきます。
ペンギンさんのようなよちよち歩きになったりしやすいですね。

股関節(脚の付け根部分で前や横が多い)がすごく痛くなる場合は、立ったときにご自身の体重が両足の外側にかかっている場合が多いですよ。

分かりやすくてもっとも多い症状は、寝返りするとき、ピキッと腰が痛くなる。
動き始めが痛いのが特徴ですね。
(横向きのときは恥骨痛、上向きの時は腰が痛くなるということもあります)

あとは体型の変化として、太ももの外側おしり「ぼってり」(^^)とお肉がついてきやすきなります。これも骨盤が広がることでそのようになってきます。

ご参考までに・・・
症状をご自身で楽にされたい場合は、楽な方に横向きに寝て、カラダをくの字にして、足の間にタオルケットかクッションなどをはさむと少しは楽になる場合がありますよ。


ご相談ご予約は

PageTop

■サイドバナー■

メニュー

会社概要

バランス工房

住所:〒101-0032 東京都
千代田区岩本町2-12-1

電話:090-7147-2357

東京 埼玉 神奈川 愛知 新潟 大分 三重 兵庫 県 出張対応




HOME - 妊娠中の骨盤矯正とは? - 施術の流れ - 料金のご案内 - お客様の声 - お問い合わせ

事業概要 - お問い合わせ - サイトマップ